豆の挽き方で選ぶレギュラーコーヒーの入れ方

  • 豆の挽き方で選ぶレギュラーコーヒーの入れ方

    • レギュラーコーヒーを淹れる場合には、粉から購入する場合もありますが、豆から挽いて淹れることで、より個性や味わいを楽しむことができます。



      レギュラーコーヒーを豆から挽いて作る場合には適した抽出法を選ぶ必要がありますが、その理由は、挽いた粉の大きさによって、苦みや酸味が違ってくることがあります。



      粉の大きさは、粒度によって、極細挽き、細挽き、中挽き、粗挽きの4つがあり、挽き具合が細かければ細かいほど苦みが強くなります。


      これは、粉の粒度が細かくなると、湯に触れる面積が増えるためであり、エスプレッソマシーンには適した挽き方となります。

      挽き方の特徴としては、まず、極細挽きは、グラニュー糖よりもきめが細かいパウダー状の挽き方となります。

      味わいとしては苦みが強く、酸味は強くないのが特徴となっており、抽出時間が短いためにエスプレッソマシーン向きの挽き方となります。



      細引きは、家庭用ミルで挽くことができる最も細い挽き方となり、粒度としてはグラニュー糖ぐらいの大きさになります。
      苦味は強く、ドリップの他に、アイスコーヒーや水出しコーヒーに適しています。

      中挽きは、レギュラーコーヒーでは最もスタンダードな挽き方となり、抽出方法にこだわることなくコーヒーを楽しむことができます。粒度の目安としてはザラメ糖とグラニュー糖の中間程度となり、サイフォン方式やドリップ式には適した挽き方となっています。


      粗挽きはお湯に粉を浸透させる抽出法が向いた挽き方となります。


      粒度が粗く、大きさとしてはザラメ糖程度が目安になり、プレスやパーコレーターには適した効き方となります。

  • コーヒーの実態

    • レギュラーコーヒーでは、焙煎の方法1つで味わいが異なってきます。コーヒー豆は、生豆の状態では味も香りもなく、焙煎をすることで初めて特有の香りや味わいが生まれることになります。...

  • 関連情報

    • 日本人は、コーヒーを日常的に飲む人が多くみられますので、全国各地にはコーヒー専門店が多数あるものです。コーヒーには、カフェインが含まれていることで知られていますが、現在ではカフェインを取り除いた、「デカフェ」とよばれる飲み物を提供している店が増えているといいます。...

  • 最新考察

    • カフェインレスコーヒーはデカフェとも呼ばれ脱カフェイン処理したコーヒーのことをいいます。抽出方法は三種類あり香りや味を残せる液体二酸化炭素抽出方法、水によってカフェインを抽出するウォーター・プロセス、日本での販売は認められていませんが有機溶剤を使って抽出する方法の三種類です。...

  • 大事なコーヒーの事

    • デカフェとは、カフェイン抜き、すなわちカフェインレスのことです。デカフェのコーヒー豆が売り出され、市民権を得てきてもう随分が経ちます。...

top