豆の挽き方で選ぶレギュラーコーヒーの入れ方

  • 焙煎で味わいが異なるレギュラーコーヒー

    • レギュラーコーヒーでは、焙煎の方法1つで味わいが異なってきます。
      コーヒー豆は、生豆の状態では味も香りもなく、焙煎をすることで初めて特有の香りや味わいが生まれることになります。

      そのために、レギュラーコーヒーにとっては需要な意味を持つことになり、煎り方が違うだけで、味わいや個性が変わることになります。
      焙煎の原理としては非常にシンプルな内容となっており、ここでは、加熱をすることで豆の成分に化学変化を引き起こすようになっています。

      レギュラーコーヒーの焙煎の方法には、浅煎り、中煎り、深煎りの3つがあり、浅い煎りほど酸味が強く、深く煎るほどに従って苦みが増していきます。

      iemoの情報を探すならこちらです。

      焙煎では、中間に当たる中煎りが酸味、苦みのバランスが取れており、初心者には最も適した煎り方となります。
      レギュラーコーヒーでは、煎り方にもタイプがあり、まず、浅煎りではライトとシナモンがあります。


      ライトはコクや苦みがほとんど無く、飲むのには適さないために、主にテスト用で用いられています。



      シナモンは酸味は強いものの、コクや苦みは無く、微量の香りが感じられる煎り方となります。
      中煎りに関しては、ミディアム、ハイ、シティがあり、それぞれに口当たりが柔らかくバランスの取れた味わいがあり、ハイは日本では最もポピュラーな煎り方となっています。

      また、シティは、家庭や喫茶店でも人気のあるタイプとなり、酸味は残るものの、よりコクや苦みが感じられる煎り方となります。

      深煎りには、フルシティー、フレンチ、イタリアンの3つの煎り方があります。



      イタリアンが最も深い煎り方となり、苦みや香りが強く、刺激的な味わいを感じることができます。
      少しだけ深煎りにしたい場合にはフルシティーが向いており、酸味が弱い代りに、しっかりとしたコクや苦みを感じることができます。

top